XM(海外FX)

海外FXもレバレッジ規制開始?XMは影響ないみたいです【ちょっと焦った】

ユーロ

ネットサーフィンをしていたらたまたま以下の記事を目にしました。

MONEY VOICE | 欧州のFX業者が阿鼻叫喚。7月末から始まる厳しい規制は日本に波及するか?

そこには衝撃の内容が・・・

欧州ではハイレバもボーナスも全面禁止

かねてより欧州証券市場監督局(ESMA)が示唆していたFX、CFDなどの商品取引に関する厳しい規制の内容が本決まりし、この7月30日から実施される運びとなりました。

これにより欧州圏内に本拠地を置くいわゆる海外FX業者は、ハイレバレッジもボーナスの提供も禁止されることになり、バイナリーオプション業者は完全禁止で市場からの撤退を余儀なくされそうな状況です。

今回の規制内容のアウトラインを追ってみました。

MONEY VOICE | 欧州のFX業者が阿鼻叫喚。7月末から始まる厳しい規制は日本に波及するか?より引用

僕がメインで利用しているFX口座は海外FX業者のXM。目的はもちろんハイレバレッジ(888倍)取引です。

ハイレバトレードができなくなるのか!?と焦りましたが結論から言うと「XMはレバレッジ規制の影響なし」です。

(よかったよかった。。。いや本当によかった。)

そもそも欧州証券市場監督局(ESMA)とは何ですの

欧州証券市場監督局(ESMA)は日本でいうところの金融庁、これのEU版だと理解してます。(ざっくり)

日本でも金融庁主導でFXのレバレッジ規制が進められていますが、海外FX業者の場合はESMAがEUでのレバレッジ規制を進めているわけですね。

そしてESMAの影響範囲についてですが「「EU」加盟国に本社機能がある金融機関」と考えていいようです。

なのでキプロスのライセンスで運営されているFXProなんかは8/1よりレバレッジを最大30倍まで引き下げることを顧客に通知しているようです。

XMはセーシェル金融庁FSAに移行済み。レバレッジ規制の影響はなしです。

XMに関してはEU圏外のセーシェルライセンスへ移行しているため影響なしです。

XM自体は2016年7月頃から「キプロスライセンス→セーシェルライセンス」への移行を進めていたようです。僕自身は昨年の冬頃に移行の案内メールに従い、セーシェル口座への移行を完了させていました。

XMから重要なお知らせ

以下の通りESMAによるレバレッジ規制を見越した対応となっていますね。

取引レバレッジ制限や取引報酬(クレジットやボーナス、コンテストなど)の提供禁止など、最近のヨーロッパの規制変更に伴い、XM Groupは、ヨーロッパ圏外に居住なさるお客様を対象に、XM Groupのメンバーであり、証券会社ライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁FSAにより認可、規制されているXM Trading(「Trading Point Seychelles」)へのお口座の移行をご案内しております。

セーシェルライセンスへの移行ということは信頼性が下がったということでは?

今回の件に関してはXMの最大の売りであるハイレバレッジ(888倍)、これを続けるためにセーシェルライセンスに移行したわけです。なのでそれを目的にXMを利用しているトレーダーからすればありがたいことですよね。

一方で信頼性の高いキプロスのライセンスではなくなったという問題がある。

元々のキプロスライセンスについては欧州規制委員会のメンバーであるキプロス証券取引委員会により厳格な審査の元発行されています。またこのライセンスを取得している機関は信託保全が義務付けられており、トレーダーの資金は最大2万ユーロまで信託保全され保護されていました。

なので海外FX業者を利用している身としては

  • 信頼性は高いがレバレッジ規制対象の業者を使う
  • 信頼性は低いがレバレッジ規制対象外の業者を使う

の2択を選択する事になるということですね。

まあハイレバ取引ができない海外FX業者を使うメリットは一切ないと思うので実際は低レバレッジの国内業者か、多少リスクはあるかもしれないがハイレバ可能な海外業者を使うかという選択をするということになると思います。

ここで考えなければいけないのが今回の件はESMAの規制から逃れるために移行したということですね。他の海外FX業者も同様の対応をするところが出てくるのではないかと思います。

そうなってくると信頼性の低いライセンスで運営される業者が増え、どこのライセンスで運営されているのかというのはあまり重要ではなくなってくるのではないかと思ってます。

つまり「信頼性の高い業者か?低い業者か?」というのをライセンス以外のところで私たち自身で見極める必要が出てくるということになると思います。

で結局XMは信頼できるのかというところですが、結論としては僕自身はかれこれ7年程XMを利用していますが、今のところ不満に思ったこと不審に思ったことは一度もないのでこれからも使い続けたいと思います。

(結論が雑ですいません)